2017年5月 9日 (火)

17/05/07 FUTTSU

GWのカヤック・フィッシング2日目。

午前5時半頃に聖地・富津岬の駐車場に到着。すでに、2艇が出てキャストしている様子。

急いで準備を済ませ、2日前のカヤック・フィッシングで、かなり日焼けをしたことから、入念に日焼け止めを塗る。

そして、出艇。

1494251840147.jpg


最初は、先行者を避けてサンドバー近く、水深2.5メートル付近で見つけた小魚の群れの付近でシーバスを狙うが反応はない。そのまま沖には向かわず、アマモ帯に移動する。しかし、2日前と異なり、水の色が良くない。潮位変化からすると2日前より潮の動きもありそうなのだが、動きも鈍い。キャストを続けるが反応はない。

と、ここであることに気付いた。

「ん!!!」

腕時計がない。

「ん?えっ?あぁ~~~!」

駐車場で日焼け止めを塗った時に時計を外してカヤックの上に置いて…そのまま移動してしまった。つまり、落としてきたのだ。

このミスに気付くのとほぼ時を同じくして、風速が強まってきた。波も出始めた。

事前にチェックした予報で、午前中に2時間ほど風が強まる可能性があったので、こちらは予想通り。ひとまず、退避。そして腕時計を探しに行く。駐車スペースからトイレに寄って海岸に出て出艇場所まで…。

2回探したが…当然のように時計はなかった。

途中、段差などがあるため、海まで不安定なカヤックの上に残っていることはあり得ない。たぶん、車のすぐ横あたりで落ちたはず。しかし無かった。誰かに拾われてしまったのだろう。

もう5年、それ以上か。様々なポイントに通い、いつも左腕にあったGショック。愛着のある腕時計で、途中、ソーラー充電がうまくいかなかった時期も、数日、強制的に日光を浴びさせて復活させるなど、大切な存在だったが…自分のミスで無くしてしまった。

凹んだ。いやかなり凹んだ。

出艇時の確認はしっかりしないと…反省しきりだ。

その後、1時間半ほど風が収まるのを待ち、再び出艇。

1494332235879.jpg


アマモ帯を攻めるが反応なし。2日前は、アマモについたシーバスが見えたり、時折、ライズもあったりしていたのだが、そうした様子もなし。打つ手がないまま時間が過ぎた。

そして昼過ぎ。再び風が強まった。少し予報より早かったが、これも予想通り。

ただし、強まり方が急で、しかも風速は強い。
いやな予感がしたので、出艇場所に戻る判断をした。

すると、風はどんどん強まり、退避が必要な状況になってきた。

狙っていたアマモ帯から出艇場所は南西方向になるが、強い風は、まさにその南西側から吹き付けてきた。つまり、出艇場所にそのまま戻るには、完全な逆風になる。周辺の風速をチェックすると8メートルはありそうな風。富津岬が、風除けにはなっているが、かなりきつめの風だ。

それでも、YATAのProwler 15 Anglerは乾舷が低く風に強い特性があるので、特に問題なく直進できた。そうした中でも、「そろそろきつくなるかな…」と感じた段階で、どこに向かうかはシミュレーションしながらパドリングを続けた。

「直進が厳しくなったら風に逆らわない」
これが原則。

厳しいと感じ始めた段階で、左に45度ほど舵を切り、やや横風を受けて流されることを計算に入れて、最終的には左90度の方向、出艇場所から2kmほど離れた海岸に接岸し、沿岸部を進むか、ドーリーで陸路を戻るか、そんなことを想定しながら進んだ。

1494332240843.jpg


風に逆らってパドリングを続けることで体力を奪われ、進まないことでパニックに陥る。さらに潮流が逆だと、より進まなくなり焦ってしまう…遭難の典型的なパターンとされている。初心者や乾舷の高い小型艇、インフレータブルなどは、特に風に弱いので気を付けて欲しい。

また、方向を変えての退避は「きつくなって」からではなく、その前の「きつくなりそうかな」という段階で行うこと。「きつくなって」しまっては、もう対応できないことがあるので注意が必要だ。

そういうYATAは、風と波を楽しむ余裕を持ったまま、出艇場所に戻った。

ただ、予報では、この後も夕方まで風が強いことが見込まれていたため、ノーフィッシュで早めに切り上げることになった。

今回は、風に翻弄された感じになったが、やはり安全第一。
それしかないと感じた。

ただ…Gショック…。
腕には日焼けの跡だけ。
ショックです(ToT)

1494332245391.jpg

OCEAN KAYAK Prowler 15 Angler
MIRACLE WORKS Junkie Stick BAZOOKA 78R
SHIMANO 01STELLA SW4000HG

2017年5月 8日 (月)

17/05/05 FUTTSU

3か月ぶりのカヤック・フィッシング。
連休中に2回の釣行予定。

聖地・富津か盤洲か、どちらにするのかで悩んだが、久しぶりなので駐車場から海までのアクセスが良い富津に決定。


初日、少し出発が遅れ午前6時半に出艇。

1494251607441.jpg


しかし…カヤックが1艇も浮かんでいない。

「連休の聖地で?」

YATAが通っていた頃なら考えられなかったが、それだけ状況が悪いのか?不安を感じながら、沖のサンドバーを超えて3~4メートルラインに向かう。

沖の状況は、流れ藻が多く釣りつらい状況。水の色も良くない。それでも、流れがあるところを探して移動を重ねる。そしてメインの流れを発見。大量の流れ藻の間に小魚がいるのを確認。水の色に近いグリーン系のバイブレーションを選択し、キャストを重ねる。「1キャスト大量の流れ藻」という状態だが、そこは忍耐。すると、1時間ほど後、ピックアップ寸前のルアーに下から50upのシーバスが食い上げてきた。しかし、合わせが決まらず短時間のファイトでフックアウト。これは仕方ない。シーバスがいるのは確認できたので、粘りでキャストを続ける。30分後、小魚を追うシーバスを確認し、ピンポイントでキャスト。着水直後にヒット。

しかし…。

シーバスとカヤックの間には、この日一番の大量の流れ藻。リーリングすればするほど、流れ藻が引っ掛かり重くなる。やり取りに戸惑っていると、シーバスが渾身のエラ洗い。50upの全身を水面から出して首を振り…フックアウト。良くない流れ。

その後は、移動を繰り返すが、これと言った情報を得られない。そこで大きく移動。3メートルラインでアマモが密集しているところがあったはずだ、と古い記憶を頼りにパドリング。そのアマモ帯は、いまも健在で、しかも他の場所に比べて、状態が良い。そのアマモの間に丹念に特製バイブを投げ込んでいく。このバイブ、丸みを帯びていて、横からのシルエットはバイブだが、泳ぎはダートしながら尻を振るシンペンの動き。

1494251614391.jpg


数投目、狙い通りにヒット。アマモをかわしながら寄せる。硬めのロッド(MIRACLE WORKS Junkie Stick BAZOOKA 78R)だったため、強引に主導権を取って寄せ、無事ランディング。

1494251608900.jpg


痩せてはいるが60cm。やっと今年1匹目。ここまでが長かった。本当に…。

1494251610831.jpg


その後はドラマもなく、この日は終了。


1494251618145.jpg


ところで、今回、キャスト切れのトラブルが1回あった。

超A級のハンドメイド・シンペンをロストしたので、結構、凹んだ。

ただ、当初、原因が分からなかった。ラインは、交換後わずかで劣化は見られない。キャストやリーリングのトラブルもなし。リールのトラブルもない。

「???」という状態だった。

終了後、ふと思ってロッドをチェックすると…トップガイドが割れていた。

1494251612968.jpg


SICの上部側に亀裂が入っている。こちら側は、キャストのテイクバックの際にラインが触れる側。この亀裂が原因だったようだ。ロストが1個で済んだのが、幸いとも言える。

2日後には、再びカヤック・フィッシングに行く予定だったため、翌日、急遽、トップガイドを入手して、グルーとスレッド巻きで固定、レジンで固めて応急修理した。

1494251616158.jpg


本当は、アロワナトップにしたかったが、近くのショップでは入手できなかったので、これで我慢。タックルの整備は怠ってはいけないことを痛感した。


久しぶりのカヤック・フィッシングは、2日後に続く。

ここでも思わぬトラブルが…。


OCEAN KAYAK Prowler 15 Angler
MIRACLE WORKS Junkie Stick BAZOOKA 78R
SHIMANO 01STELLA SW4000HG

2017年4月 8日 (土)

17/04/08 HandMade

相変わらず、ちょっとした暇を見つけては、ハンドメイドのルアーを作り続けてはいるが…なかなかキャッチは結び付かず。
今年は、1匹が遠いな。


1491597433958.jpg

1491597435637.jpg

1491597437170.jpg

1491597438788.jpg

2017年2月 8日 (水)

17/02/08 H-point

1486563014101.jpg

やっと取った夏休み。

ん?

夏…夏…夏とは言えないか。


聖地に行こうとしたが、大寝坊でH-pointに変更。

しかし風が強く、沖に出られない。

1486563015792.jpg

運河筋を回るが…異常なし!

1486563016896.jpg

暗くなるまで回ったが、やはり異常なし。


1486563017875.jpg

釣り始めは、玉砕!
夏休みも1日で、事実上、終了!

次はいつになるやら。

2016年12月29日 (木)

16/12/29 SeaBass総括…できず((T_T))

2016年もまったくブログを更新していなかったので、シーバス・フィッシングの総括ぐらいは書くかな…と、釣り納めに久しぶりのカヤック・フィッシングをしてから書こうと思っていたら…。。。

年末最終週にインフルエンザにかかりました((T_T))

今年のシーバス・フィッシングを総括できないまま、今年は終了ですorz

皆さんも、体調にはご注意ください(;_;)/~~~


1482939619140.jpg

2016年1月 5日 (火)

16/01/05 2015SeaBass総括

2015年秋から冬にかけて、あまりカヤックには行かないで、久しぶりにウェーディングを中心としたゲームをしてみた。これはこれで楽しい。

その結果をリポートしていなかったので、少し総括。

ウェーディングや陸っぱりでこだわったのは「ハンドメイド縛り」。自分で作ったルアーだけを持って、ポイントに入った。
ただし、ハンドメイドは小型が中心。

大型のハンドメイドも作り始めたのだが、慣れない作業で修正に修正を重ね、結果的に、年が明けても完成していない。

秋のシーズン。大型のルアーでの好調な釣果を耳にするが、ないものはないので、8~10cm強のシンキングペンシルを使った。

その中でも好反応だったのが、8.5cm19gのシンキングペンシル。


1452000604174.jpg


60~75cmのシーバスを立て続けにキャッチした。


1452000605664.jpg

1452000606746.jpg

また、10.5cm20gのシンキングペンシルも72~75cmをキャッチし、安定したキャッチ率を保った。


1452000608484.jpg

1452000610447.jpg


ただし、問題が75cmの壁。
どうしても、この壁を越えられない。
そこにルアーの大きさが影響していたのかどうかは、比較検証ができていないので、何とも言えないところだ。

いずれにしても、秋・冬=ビックサイズだけでなかいことは証明できたと思う。
一方で、魚を見失うこともあった。

晩秋に大型が集まる内房のあるポイントでは、釣行1回目は好調だったが、2回目以降、「爆」ということはなかった。

今年の天気が影響しているのか、読みにくい日が続いた。

この読みにくい状況。アフターやバチ抜けの時期にどのように影響するのか、引き続き、ウェーディングと陸っぱりを続けていきたい。

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

フォト
無料ブログはココログ

KF-Blog

  • KF-Blog