2014年10月 9日 (木)

14/10/08 SENDAI

台風後のチャンスを狙って最近通っている川へ。

仕事の都合で到着が遅れ、狙いのポイントには先行者が2人。挨拶をするとバイトはあるが釣れていないという。

皆既月食の下、キャストを始める。

1412857160961.jpg


今回は、ハンドメイドのナチュラルカラーのテスト…と言うと聞こえは良いが、アピールカラーをロストしてしまったので、ナチュラルだけでチャレンジ。
8cmで19g。シャローのリバー向きとは言えないが、アピールカラーは72cmの実績がある。

1412857161562.jpg


キャストを始めてまもなく…あっけなくヒット。

39cmの小さなシーバス。
それでも、ナチュラルカラーでのヒットなので満足。

1412857162600.jpg

その後、先行者がやや下流に移動したので、こちらも10m移動。

すぐに50センチサイズがヒットするが、これは足元でバラシ。

もう少し下流側に行きたいが、そうもいかない。

同じ場所で粘り続けると、再びヒット。
あまり長さはないと思ったが、計測すると58cm。ヒラスズキ?と思うくらいに体高があり、相対的に長さが短く感じたようだ。

1412857163555.jpg

その後、バイトも遠退き、ストップ・フィッシングとした。

この日は、台風後で濁りが残るなかだったが、ナチュラルカラーでキャッチできたのはテストとしては大成功。考えてみれば、実際のベイトは、夜になってもアピールカラーに体の色を変化させる訳ではないので、ナチュラルカラーで釣れても当たり前なのだが、釣れることで投げ続ける気力が維持でき、釣ることもできる…と言う図式か成り立つようになる。

ボディには、しっかり歯形がついて、シーバスがルアーを狙ってきたことが確認できる。

また、強化したアイ付近のボディは、なんの問題もなく、改良が成功した。

ただし、ボディ本体の強度不足が判明。さらなる改良が必要になりそうだ。

1412857164657.jpg

1412857165690.jpg


http://homepage2.nifty.com/shallowwater/
http://homepage2.nifty.com/shallowwater/report.html


2014年10月 8日 (水)

14/10/05 SENDAI

前回、シーバスをキャッチした川へ再び向かった。

今回は、硬めのロッドで食い込みが悪かった前回の反省から、ロッドを柔らか目にしようかどうか悩み、結局、逆に硬めで鬼掛けを目指すことにした。
そこで持ち出したのが…ミラクルワークスのBAZOOKA。

1412674249211.jpg


ミラクルワークスと言っても、ピンと来ない人もいるかもしれない。もう、手に入らないロッドだ。

ポイントに立つと、風が強く寒い。
その分、シーバスの警戒心は薄れるのでチャンスを感じる。
ハンドメイドの8cm19gをセットして10投目。
シンペンをダウンクロスでロッドを立てながら浮かしてリトリーブ。

いきなりヒット。
ロッドのパワーにものを言わせながら寄せると、久々の良型。
慎重にネットでランディング。

1412674253417.jpg


1412674255507.jpg


72cmのスズキサイズ。
ハンドメイドでは、うれしい1本だ。

これで安心し、そのあとはロッドを替えてビリケンのジャーキングなどで遊ぶ。
そして飽きたところで、再び、ハンドメイドをキャスト。
すぐにヒット。


1412674257088.jpg


1412674258970.jpg


今度は57cm。
これもうれしいサイズ。

しかし、このあと落とし穴が。
ハンドメイドをフルキャストすると…まさかのキャスト切れ。
これで、8cmのアピール系は、すべてロストしてしまった。

ハンドメイドで70upは嬉しかったが…ロストでよろこび半分。。。
若干、複雑な気分だ。


http://homepage2.nifty.com/shallowwater/
http://homepage2.nifty.com/shallowwater/report.html

2014年10月 1日 (水)

14/09/28 SENDAI

いつもの川が禁漁になったので、漁業権のない川へ出掛けた。

この川は、何回か来ているが、あまり釣れる気がしなかったので、しっかりリサーチをしていなかった。しかし、先日、ウェーディングをして地形を把握。今回は、それなりに狙いをつけてチャレンジした。

序盤、バイトのようなスレのような反応が数回。

しかし、のせられない。

2時間ほど経過して初ヒット。 50センチ弱を寄せたが、足元でランディングを躊躇しているうちにフックアウト。 さらに、立て続けにヒットしたが、リーダーからブレイクでハンドメイド・ルアーもロスト。

テンションが下がりそうになったところで、ハンドメイドの8センチ19gのシンペンにヒット。

今回は慎重にずりあげて、無事キャッチ。

Dsc_1341

Dsc_1343

体高のある55センチだった。

これで、テンションは回復。 色々試すと、のせられない原因が判明。 30センチに満たないセイゴがヒットしたので、ノータッチリリース。

原因は、このセイゴのようだった。 硬めで張りのあるロッド(CPS892FX-TI)では弾いてしまい、十分にフッキングできていないようだった。 もう少し、タックルやルアーを考えれば、キャッチも増えるのだろうが、さすがにセイゴ虐めは…気分ではない。

しかし、仙台に来て初めてのバイトラッシュ。

こちらでも、十分にゲームが成立することが確認できたし、楽しむこともできた。

http://homepage2.nifty.com/shallowwater/ http://homepage2.nifty.com/shallowwater/report.html

2014年8月13日 (水)

14/08/12 SENDAI

久々の更新。

転勤して、かれこれ1年2カ月。
もともと、そんなに頻繁にルアーにいけない上に、河川内の限られたフィールドにしぼって、シーバスを狙っていたので…まったく釣れなかった。

そして、やっと、キャッチ。ここまで長かった。

1407859877801.jpg


サイズは50cm程度で、引きもいまいちだったが、何よりハンドメイドのシンペンでのキャッチ。それがうれしい。

1407859880159.jpg

1407859882105.jpg


YATAのハンドメイドの素材は「コルク」。
誰も使わない素材で…と言うひねくれ根性から選んだ素材。しかし、軽さと空気を多く含んだ浮力から、結構、良い動きをする。

1407859884635.jpg

1407859887112.jpg


ただ、強度が出しにくい。
案の定、今回は50cm1匹でブレイク寸前。抜本的な改修は難しいので、なんとか応急修理だけ。
次は、ハイブリッドで強度を出すことが課題だ。

ちなみに、スーパームーン翌日の月明かりがあかるい夜でした。

1407859888792.jpg


http://homepage2.nifty.com/shallowwater/
http://homepage2.nifty.com/shallowwater/report.html

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

フォト
無料ブログはココログ

KF-Blog

  • KF-Blog