« おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」④接着・シンカー埋め込み | トップページ | おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑥研磨 »

2020年5月 7日 (木)

おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑤削り出し

続いて、ルアーを形作る削り出しです。

【削り出し】

削り出しには、大型のカッターナイフを使用します。

Dsc_0840

もちろん耐切創グラブは必須です。

まず、型紙のラインに沿ってルアーの背中と腹の部分を削っていきます。貼りつけのときに位置がずれている場合もあるので、バランスを見ながら削るラインは調整します。ここでは削りすぎないことが大切。後で調整はできるので。

Dsc_08413

背と腹が削れたらテールへの絞り込みの部分です。腹のアイの後方に埋め込んでいる3.5gのバレットシンカーの後端部分の辺りから絞り込みます。まず、シンカーの後端部分でぐるっと一周してラインを引きます。次にそのラインからテールに向けて削るラインを引きます。この時、テール部分は中央の2mmのひのき板の外側のラインまで絞り込むようにラインを引きます。このとき、養生テープを貼るとラインが引きやすいと思います。ルアーのテールが4mmあるようにしますが、最後にはさらに絞り込みます。

Dsc_0842

Dsc_0843

このラインに沿ってテールを削っていきます。同様にヘッドも先端から1cm弱のところから、2mmのひのき板に向けて削ります。ヘッドの先端は4mmがベストだと思います。

Dsc_08442

続いてサイドを削ります。

本体の上下に端から4~5mm幅でラインを引きます。YATAの場合は、ゼブラのハイマッキーの太字の方で、台形の嵩が低い方をあててラインを引きます(分かりにくいですね)。

Dsc_09202

大体こんな感じ。

Dsc_08452

Dsc_08462

これに合わせて削りますが、ラインの少し内側でバランスを取りながら削ります。

Dsc_08492

次に、それぞれの角をデザインナイフで角を取る程度で削ります。この時に、テールは後端から3mm程度の所からアイ本体まで角度をつけて絞り込みます。これをやっておかないと、デッピング後にテールが太くなって見た目とキレがなくなります。

Dsc_08512

これで削り出しは終了。この段階では、まだ凸凹していますが、気にしなくて大丈夫です。肝心なのは次の研磨の段階です。

(⑥に続く)

« おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」④接着・シンカー埋め込み | トップページ | おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑥研磨 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

フォト
無料ブログはココログ

KF-Blog

  • KF-Blog