« おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑤削り出し | トップページ | おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑦ディッピング(準備) »

2020年5月 8日 (金)

おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑥研磨

ここは大切。下地の研磨です。

【研磨(1回目)】

実は研磨は4段階あります。

まずはベースを作る最初の研磨です。

ここで使うのは、240番の耐水ペーパーと研磨ブロックです。

Dsc_0852

Dsc_0853

はじめに、ルアーを水に浸けて湿らせます。

Dsc_0854

その上で、テールの絞り込みの部分から研磨をはじめ、次に横腹、ヘッドのサイドと続きます。コツとしては、テールの絞り込みでは腹からテールへ、ヘッドのサイドは腹側から先端へ、つまり太い方から細い方へ削ります。逆にすると木目の部分が引っ掛かって捲れ上がることがあります。たいした問題ではないですが、作業がやりにくくなるのとその後に修正が必要になる場合があるので、ひとまず慎重に進めます。

Dsc_0855

次に腹と背中の面を出した上で、横腹から腹や背中への曲線を出していきます。テールもしっかり絞り込みます。削りすぎかと思うかもしれませんが、ここはディッピングで強化できるので、大胆に削っても大丈夫です。

Dsc_0856

Dsc_08572

だいたい整ったら、あとは自分が美しいと納得できるラインを出すように調整します。実は、ここが肝心なんです。自分が納得できるルアーは、なかなか釣れなくても使い続ける気力が維持できます。納得できていないと、釣れないのはルアーのせいにしがちです。結局、使用頻度が減って釣れない、使わないルアーになってしまいます。だからここは「納得」を追求してください。

Dsc_0861

Dsc_0862

Dsc_0863

ここまで到達したらスイムテスト。

Dsc_0864

風呂を使えればそれに越したことはないですが、洗面台でも十分です。フックなしで、グリグリとローリングしたらOKです。

Capture_200502_201248_20200505_024032

Capture_200502_201248_20200505_024050

Capture_200502_201248_20200505_024102

動画があるのですが、アップできないようなので言葉で説明しますが、ルアーがひっくり返らない程度に角度をつけてローリングした方がよい動きと言えます。この後、ディッピングで重量を増し、フックでセンターウエイトと抵抗が付加されるので、この段階から若干、動きが弱まるためです。

それを目安にしてください。

次は、ディッピングに進みます。

まだまだ、先は長いです。

(⑦へ続く)

« おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑤削り出し | トップページ | おうち時間「そうだ!ルアーを作ろう!」⑦ディッピング(準備) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

フォト
無料ブログはココログ

KF-Blog

  • KF-Blog